チャットレディと言えども喋りすぎは危険

私の姉が、少しの間だけチャットレディとして収入を得ていたことがありますので、その時のことを話していきます。

ウェブカメラやヘッドホンなどの安価な道具さえあれば始められるということですので、当時はあまり深く考えずにチャットレディで稼ぐことを決めたそうです。その後は、短期間で多くの収入を得ることができるようになったようで、とても喜んでいました。時々、相手の男性から冷たくされることもあったそうですが、姉はその辺りを受け流せるような性格の持ち主でしたので、あまりストレスにはならなかったそうです。また、人をおだてるのが上手い人なので、時として男性と良好な人間関係を築けることもあったようです。そのため、楽しく仕事をしているようにも見えました。

しかし、あることをきっかけに事態が急変してしまいました。

ある日、普段通りにチャットレディの仕事をしていると、相手の男性から、連絡先を交換してほしいというようなことを言われたそうです。その男性は、とても気さくな方だったようで、姉も心を許していた部分があったようです。そのため、連絡先を交換してしまったのです。ここからが大変でした。

それ以降、連絡先を交換した男性から、ひっきりなしに連絡がくるようになってしまったようです。姉も男性の態度が急変したことに驚いたようで、ショックを受けていました。

このように、人を簡単に信用してしまうと、損になってしまうことがあるようなので、慎重に行動しなければなりません。

チャトレをしていても連絡先は絶対に教えません

チャットレディをやってると必ず聞かれること。
それは「連絡先教えて」ということです。

これを聞かれないチャットレディの女の子はきっといないんじゃないかな〜。

「連絡先教えて」はチャトレならば誰でも通る道だと言っていいでしょう。
常連になってから言って来る人もいますが、大体の人は初回から言って来ます(笑)。

でも逆に常連だけど言って来ない人は全く言って来ないし、そういう人は対応するのが楽ですね。

中には教えちゃってる子もいるみたいですが、私は絶対に教えないと決めているしこれからも教えるつもりは全くありません。
それにチャトレの女性達には教えないことを勧めたいです。

ただ、例外もあって本当に相手と意気投合して好きになってしまった…なんて場合になってしまった時はいいかも知れません。
中にはライブチャットがきっかけで結婚する人も少数派だけどいるらしいので。
私的には絶対ないですが(笑)。

連絡先なんて教えちゃったらもう二度とチャットなんか来てくれませんよ。
特にLINEなんか無料で通話も出来るし、わざわざ高いお金払ってインする意味なくなってしまいますから自分の儲けはなくなってしまいます。

お断りをするのは面倒だけど、その都度ごめんなさいと謝ってお断りをしています。
サイト内でもメッセージのやり取りは出来るし、サイトでやり取りすることで少しだけですが収入にもなるので直メなどは絶対駄目です。

少しでも収入にしたいならば教えてはいけません。

世の中を回しているのは?

世の中では、女性が働きたくても働けない、お子さんを預ける場所が無い、保育園が無い、と言うのがとっても大きな問題になっている。

そんな中で私は産休も育休もしっかり取れたし、預ける所も多少お金はかかったけれども困らなかった。だから、きっと私は恵まれていて幸せなんだろう。そう思わなければいけないんだと思う。だけど、実際、子育てをしながら働くって想像以上に大変な事だ。旦那はとっても協力的だ。と言うか、協力なんてレベルではやっていけない。

私の職場は男女差別は一切ないから、女性でも男性と同じような働き方を求められる、ある意味、厳しい職場だ。だから、旦那も、協力なんてレベルでは間に合わない。我が家の旦那は掃除も洗濯もごみ捨ても、料理以外なら何でもやる。その代わり、私は料理と細々した事をやる。この細々した事が本当に面倒で大変。子供たちの学校からのお手紙を読む、教材を用意する、お金を入金する、先生にお手紙を書く、PTAに参加したりもする。旦那がやっても大丈夫な事もあるけれど、大抵、トンチンカンな事になっているから、こういう細々した事は任せられない。

習い事の月謝を持たせる、なんて絶対に覚えていない。私の頭の中は今日の仕事から、夕飯の献立、学校の行事、支払いの期日、買わなきゃいけない物、なんかがギッシリ詰まっている。時々、ばーんって弾けそうになるけど、弾けない。ちゃんと、きちんと一つずつこなしていっている。

そんな時、自分で思うの。あー、私って物凄く頭がいいね!って。多分、旦那は目の前の事しか見えていないはず。だけど、洗濯とかものすごーく誇らしげにやってる。多分ね、世の中のお母さん、ってみんなものすごーく頭がいいんだね、毎日子供の事、家族の事考えて、ご飯を作って、買い物行って、節約したり、家計簿つけたり、更に、ママ友のこと考えたり、実家の事考えたりさ。凄いね、女性は。小さい時から薄々感じていて、今、私ははっきり思うね。世の中はお母さんで回ってるって。えらーい、政治家が難しい事いっぱい言ってるけど、政治もお母さんたちにやらせればいいのにって。そうしたら、働きたい女性がどうやったら働けるか、おじさん達よりもずっといいアイデア思いつくと思うよ。他の事もね。

お金をかけずに子供とお出掛け

子供とお出掛けするには、何をするにもお金がかかるのでなるべく節約を考えいます。

まずは駅までの道のりですが、大人が歩いて20分のところをバスで片道180円のところを行き帰り歩いて節約しています。
2歳くらいから歩かせるようにしたら、今では全然苦痛なく歩けるようになりました。
運動にもなるのでダイエットのつもりで歩きます。

そのかわり、帰りには途中のファーストフード店で無料クーポンを使ってジュースを飲みます。
自分は100円のコーヒーで休憩です。

お出掛け場所も大型商業施設かスカイツリー等の観光地へ行きます。
キャラクターショップ等もあり見るだけでも楽しいし、無料で遊べたりするスペースもあるので子供は楽しめます。
事前に色々調べて行って無料や割引クーポンを持っていくのも必須です。

次にお昼ご飯は、天気が良ければパンやおにぎりを買って外の公園等で食べるとピクニック気分で楽しいし安上がりです。
お弁当や水筒は安上がりですが、荷物になって邪魔になるし、肩凝りになるので持って行きません。
大型施設はフードコートも充実しているのでお水は飲めるし、持ちこみOKなのも嬉しいです。

入っているスーパー等でお買得な惣菜やパンなどを買うのもお得です。
あとは平日だとランチがお得なので探して行くのも楽しいです!

そして100円均一のお店でキャラクターコーナーに寄り、子供が気に入る物があれば購入します。
結構キャラクター物は流行ると100円均一に出回るし、少し古くなると大量に卸されるので狙い目です。

パパと一緒に行くときは節約せずに、二人の平日お出かけはこんな感じです。

家計簿のことで大ゲンカ…。

今私は専業主婦で2人の子供を育てているんだけど、この間夫と喧嘩してしまった。

発端は私が家計について愚痴ってしまった事。お金が足りないってグダグダと言ってしまった。
すると、「足りない訳がないだろ」と不機嫌になる夫。
私はハッとして、確かにそうだねー、私ももうちょっと家計管理がんばるわ、と明るくまとめてみた。
一生懸命働いてくれてる訳だし、無神経だったなと反省した。

そこから夫の変なスイッチが入ってしまったらしく、「下手くそな家計管理してるに違いないから家計簿見せてみろ。俺が無駄な所をチェックしてやる」などと言い出した。
さすがにカチンときて拒否すると「見せられないって事は押領を疑われても仕方がない」なんて言い出す。

最初は余計な事を言った私が悪いのだから…と我慢していたけど、事あるごとにネチネチと言われて、ある日我慢の限界超えてしまった。

「あのねえ…実際家計管理した事もない人間が、家計簿見て分かるわけないでしょ!第一、何年か前に見た時は、思ったよりきちんとしてるんだな?なんて感心してたでしょ。忘れたの、アンタ記憶力無いの。」
夫はなんだかんだと言い訳して、更に私の揚げ足を取ろうとする。その態度に完全にキレてしまった。

「アンタ毎日仕事で忙しい上に、この上自分で家計管理できる訳ないでしょ。だったら私に任せるしかないでしょ!口だけでもやってくれてありがとうて言わなきゃダメでしょ!人に任せてる仕事に対して詳しくもないくせに頭ごなしに否定するとか、アンタはどんだけエライんじゃー!!!
今度からアンタが残業する度に、本当に必要な残業か証明しろって言ってやろうか!どうせアンタが要領悪いから残業になってるだけだろって言ってやろうか!そんなのされたら嫌でしょ?!お互いの仕事を信頼しないと成り立たないんじゃー!!!
そんなに家計簿が見たいなら、いつもありがとう☆家計がどうやって管理されてるか知りたいから、見せてもらってもいいかな?☆第3者の視点も参考になるかもだし☆とか言いなさいよー!!!」

夫、大人しくなりました。ここまでハッキリ言わないと分からないなんて…困った夫です。まあ元はと言えば、私が悪いんですけどね。

でも、夫はちょっと行き過ぎだったと思います。

毎日のささやかなこと

私は、専業主婦です。
子どもも、高校生になりました。

友人や、ママ友は、次々とパートや仕事をはじめて、、
専業主婦、、、というのは、本当に少数派です。
私は、専業主婦、、、ということにしていますが、自宅でイラストを描くことをほんの少しは仕事としているので、
一応、、、仕事はしていることになりますが、

ママ友とかには、説明がなんとなく面倒なので、「専業主婦」と言っています。
アンケートなどがある時も、「専業主婦」と書いた方がスムーズなので、ついついそうしてしまいます。
「仕事」、、、と言えるほどの仕事でもないけれど、少しはやっている、、ということがなんとなく気が引けるのです。

オープンにするのが恥ずかしいのです。

ギャラは、もらえる時はいっぺんに50万円とかの時もあるのですが、ない時はほとんどゼロです。
パートタイムでコツコツと時給1000円、、とかで働く友人には、そんな私の仕事のような趣味のようなことを
「仕事してます」とは言いにくくて「私の絵はまあ、、趣味みたいなものだから、、(笑)」と言って
結局専業主婦、、ということにしておこう、、と、落ち着いてしまいます。

夫の収入で生活しているし、扶養してもらっているのでいちど、130万円を超えた時などは
夫に嫌な顔をされて「扶養外したり、年金払ったり、、面倒」と言われました。
自立していないなあ、、と我ながら悲しくなります。でも、なんとなく、それに甘んじて毎日を過ごしている感じです。

30歳OLの連休は海外

連休には必ず海外に行きます。

年間6回〜10回ぐらいは海外に行きます。費用はなるべくおさえたいので旅行会社は通さずに航空会社から直接チケットを購入します。平均アジアだと5万円ぐらいでヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアとかロングフライトになると平均10万円ぐらいの予算になります。独身の内に行けるとこは行っときたいと思い約25か国行きました。

旅行に行くと旅費はもちろんですが現地での費用も必要ですがアジアは比較的、食事は安いのであまりお金がかかりません。ヨーロッパになると食事代もそれなりにしますので朝、昼はパン屋さんやカフェで簡単にすませ夜だけレストランに行くといった事で節約します。ヨーロッパは歴史的建物が多く入場料がかからないとこもありますが必要なとこも多くあります。また、博物館や美術館となってくるとだいたいが入場料が必要になってきます。

移動はタクシーを使うと高いので地下鉄や電車、バスなどを使います。滞在する日程によっては何日間乗り放題というチケットも多くの都市で実施されてますのでお得です。あまり日本では馴染みのないレンタル自転車も多くの都市で導入されておりまたこれも安いです。初めの使用料だけ支払い自転車を勝手に持ち出しまた返却する際は元の借りた場所ではなく別の駐輪場に返却しても構いません。30分以内の持ち出しであれば使用料のみで別途お金がかかることは少ないです。駐輪場はそこら中にあり探し回らなくともすぐに見つかると思います。

節約するとこは節約してツアーとかではなく自力であれば普通のOLでも海外に何度も行けます。日本が祝日でも海外の航空会社からしたら関係ないので例えばGWとかでも価格は普段と変わらないので海外の航空会社をチョイスするのがポイントです。

OLから専業主婦になりました

去年、結婚を機に、長いこと勤めていた会社を退職しました。
寿退社という形で、周りの理解も得やすく、きれいに辞められたと今でも思っています。
OLから専業主婦になり、生活リズムも大きく変わりました。

いちばん大きく変わったのは、平日の昼間を自由に使えることです。

それまでは、平日は朝から晩までずっと仕事で、銀行に用事のある時や、市役所などの公的機関に行きたい時などは休みを取るしかなく、しかし月に一度取れるかどうかの貴重な休みを、そういうことに当てるのはもったいないという気持ちもありました。
それが今は、いつでも、好きなときにのんびりと銀行や公的機関へ出かけることができます。家事の合間に、好きなテレビを見たりもできるのです。

働いていた時に抱えていたストレスやジレンマから、解放された気分でした。

もう一つ、大きく変わったのは、やっぱり自由に使えるお金が少なくなったことです。
OL時代には、実家暮らしをしていたため、ある程度家にお金を入れても、一人暮らしよりはずっと自由に使えるお金がたくさんあって、友達と旅行をしたり、好きな物を買ったりできました。

しかし、今は夫に養ってもらっている身なので、好き勝手なことはできません。
月に決めているおこづかいの範囲で、お互いにやりくりしています。
あとは、独身時代に貯めたお金が頼りです。

私の場合は、独身時代の貯金がそこそこあったので、今もそこまでお金に苦労はしていません。お金が自由に使えないというストレスは少ない方だと思います。

総合的に見ると、自分個人の収入がなくなったことよりも、自由に使える時間が増えたことの喜びのほうが大きいです。
そして、夫と過ごす幸せな時間や安心感も、とても大きいです。

人にもよるでしょうが、私は結婚して専業主婦になれたことが、すごく幸せです。

妊娠主婦の会社勤めからの専業主婦

私は、つい最近まで仕事をしていました。でも妊娠をきっかけに会社を退職。それからは専業主婦になりました。

毎日家にいて掃除、洗濯の繰り返し。仕事している時は時間があっという間だったのに、いざ毎日家にいると暇で暇で仕方ありません。妊娠中なので無理に動き回る事も出来ず、毎日家でゴロゴロするばかり。今まで、共働きだったせいか、仕事を辞めた事で旦那にだけ苦労させてるなぁ?って感じる時が多々あり、罪悪感と戦いながら毎日の生活を送ってます。

金銭面でも、私の収入が無くなるため、贅沢はできなくなり、今は子供の為に貯金。旦那は収入が減るからって言って副業も始め、私だけこんなにのんびりしてていいのかなぁって思う毎日。
妊娠中だからって女は威張っちゃいけないと思う。

旦那が頑張って仕事してくれないと、生活ができなくなるし、子供だって育てられない。今は旦那の存在がすごく助かってるし、感謝してる。でも、ずっと家にいても楽なんじゃない。家にいればお金かからないとか言うけど、お金も毎日かかってる。

掃除すれば電気代、洗濯すれば電気、水道代。1日中家にいればテレビも見るし、おやつとかも食べる。それだってお金はかかってるんだなぁって考えると、仕事してた方が楽なのかも。会社にいる間は電気、水道なんて使わないし、働いてるから給料が貰える。そう考えると専業主婦もいいけど私はやっぱり働きに出たい。

子供が産まれてからも私はきっと働くと思う。今の時代保育園や幼稚園があるから、働きたい女性には有難い場所。毎日同じ事の繰り返しでも、いつかはいい事があると信じて毎日を過ごしています

娘はこの春新一年生です

寒い冬もいつの間にか過ぎ去り、ポカポカと春の暖かい日差しを感じる日が多くなりましたね。 こんな季節はどこかにお出掛けしたい気分ですが、我が家の娘がもうすぐ新一年生になるので、 今は入学準備で忙しい日々を過ごしていますよ。

先日は娘を連れて小学校指定の体操服の試着購入に行ったり、これから通う小学校に学用品の購入をしに行ったりして結構バタバタした感じでした。 大まかな用品購入も無事に終わり一息つきたいところなのですが、まだ学用品の名前書きが沢山残ってるんです。

小学校で使用する学用品は勿論、絵色鉛筆一本一本まで名前を書かなくてはいけないのでそれはもう大変なのです。 本当はすぐにでも取り掛かればいいのですが、なかなか重い腰があがりません。 前日に急いでやるのだけは絶対に避けなくてはいけませんね。

しかし、子供が大きくなるにつれて本当にお金がかかります。 ランドセルは半年前に予約購入しましたが、質の良いもので長持ちするものをと思い、娘と一緒に選んだランドセルは6万円以上しました。 先日は学用品の購入で、上下スエットタイプの体操服や帽子、Tシャツや半ズボンと上靴等、取りあえず揃えたものだけで軽く2万円を超えてしまいましたよ。 少しでも長く着られるようにと少し大きめサイズを購入しましたが、暴れん坊の娘の事なのでこれから洗い替えをどんどん買い足していかなくてはいけないだろうな。

入学準備も揃えるものが多すぎて何か忘れてないかなと不安になってしまいますが、入学式までにはもう少し日にちがあるので、 この春休みでしっかりと準備しておこうと思っています。